「そろそろ〜するころだ」

こんにちは!

非常に危険なレベルの台風19号が近づいてきていますね。

東海、関東地方の方は特に、気を付けてくださいね!





今日の1行英作文です。



「最近ずっと働きづめなので、そろそろ休養と充電が

必要だ。」



英語で書いてみてくださいね。






Since I've been working all hours these days,

it's about time to rest and recharge.



「働きづめである」は、been working all hours としましたが、

「ずっと懸命に働いている」として、

been working very hard などでもいいですね。

他にも、「働きづめである」という表現で、

be on the go というのもあります。

ex) I'm on the go from morning till night.

(私は朝から晩まで働き詰めだ。)


It's about time (for 人 ) to 〜 で、「そろそろ(…にとって)〜するころだ」

という表現になります。

rest は「休養する」、rechargeは「充電する」で、人間にも使えます。


それではまた、次回に!
posted by Mako at 17:34 | Comment(0) | 1行ライティングレッスン

「愚痴る」

こんにちは!

80歳の母が最近スマホデビューと同時に、ラインデビューを

しました。最初は使い方を教えるのに一苦労でしたが、

自分でも本を買ったりして勉強して、最近はガンガン

スタンプを送信してきます(^^)しかも、意味なく…(笑)

この年になっても向上心を失わず、いろいろ楽しんで

くれているので、とても嬉しく思うと同時に尊敬します(^^)



今日の1行英作文です。

「ちょっと愚痴ってもいい?。」


英語で書いてみてくださいね。






Mind if I vent a bit?



こちらは、英作文と言うより話し言葉ですね。

カジュアルな場面で使える表現です。


Mind if 〜?は、Would you mind 〜? Do you mind 〜?

の省略形で、直訳すると、「〜を気にしますか?」となります。

ex) Would you mind my smoking?

(〈私が〉タバコを吸うのを気にしますか?

=〈私が〉タバコを吸ってもいいですか?)

のように使います。

友人や同僚などなら、Mind if 〜?でいいでしょう。


vent は名詞で「排気孔、排気口」「気体や液体を排出する穴」

と言う意味で、動詞になると「(怒りや不満などを)吐き出す、

発散する」「愚痴る」
という意味で使えます。


「愚痴を言う」という表現は、他にも、

complain 「不満を言う」



whine「泣き言をいう」

などもありますが、こちらは、感情を「言う、表現する」こと

への意味合いが強いのに対し、

vent は「吐き出す、発散する」という意味で使います。


今回は、愚痴の「内容を言う」というより、

吐き出して「発散する」ことが目的なので、

vent がしっくりくると思います。

ではまた、次回に!
posted by Mako at 12:35 | Comment(0) | 1行ライティングレッスン

「〜を重視する」

こんにちは!

道行く人の装いが、長袖やカーディガンになって(中には

ダウンを着ている人も!)きていることに気づき、

私は相変わらずフレンチスリーブで、今日はちょっと

自分だけ違和感を感じました(;^ω^)



今日の1行英作文です。

「多くの今の若者は、お金をたくさん稼ぐことよりも、

個人的な充足感を見出すことを重要視している。」



英語で書いてみてくださいね。







Many young people these days place a higher

value on personal fulfillment than making

a lot of money.



「今どきの若者は〜」、よく使うフレーズですが(^^)、

young people these days

young people today

today's young people


などと言います。3つ目の、today's young peopleのように、

today's 〜とすると、他にもいろいろ応用が効く便利な言い方です。

ex) today's global economy (今日の世界経済)


「〜を重視する」は、place(または put) a hige value on 〜を使うといいでしょう。


それではまた、次回に!

posted by Mako at 14:50 | Comment(0) | 1行ライティングレッスン

「徹底的に切り詰める」

こんにちは!

まだ肌布団で寝ていますが、夕べは少し寒かったです。

そろそろ衣類や布団も、秋冬仕様にしていかないと。




それでは、今日の1行英作文です。



「今月は食費を徹底的に切り詰めないと、我が家の家計は

赤字になるでしょう。」



英語で書いてみてくださいね。






We must cut down food expenses thoroughly,

or our family budget will get into the red this

month.



生活費などを「切り詰める」は。cut down (on) 〜

「食費」は、food expenses, food spending などと言います。

「生活費」なら、living expenses となります。

「徹底的に」は、thoroughly や radically など。

「さもないと〜」は、or の代わりに otherwise を使ってもOK。

「赤字である(状態)」は、be in the red とred をそのまま使うんですね〜。

「赤字になる」が、get into the red

このフレーズとは縁遠くなりたいものです(;^ω^)



ではまた次回に!


posted by Mako at 13:55 | Comment(0) | 1行ライティングレッスン

「使い捨て(の)」

こんにちは!

増税前に思い切ってipadを購入(^^)

使いこなせれば、すごい役に立つのだろうけど、

今のところ、「Hey Siri!」って呼びかけるのが

楽しくて、そればっかりで遊んでます(;^ω^)





では、今日の1行英作文です。


「我が家では、ストローや割り箸のような、使い捨て製品は

使わないようにしています。」



英語で書いてみてくださいね。






We basically try not to use single-use products

such as plastic straws and disposable chopsticks

at home.



「使い捨て(の)」は、single-use または、disposableと言います。

「割り箸」は「使い捨ての箸」なので、disposable chopsticks

となります。

「我が家では…」と家庭での習慣や決まり事などを伝える時には、

We を主語にして、文末に at home を置くといいですね。

「〜するようにしている」と、普段心がけていることを表現するときは、

try to 〜を使うといいでしょう。「〜しないようにしている」なら、

try not to 〜ですね。



ではまた次回に!




posted by Mako at 10:46 | Comment(0) | 1行ライティングレッスン

「〜を占める」

こんにちは!今日も更新します!



今日の1行英作文です。


「そのレストランの客は、外国人観光客がほぼ半分を占めている。」


英語で書いてみてくださいね。







At the restaurant, inbound visitors account for nearly half of all customers.




ある割合を「占める」は、account for 〜 といいます。

パーセンテージを示すときに使えますので、ぜひ覚えましょう。


ex) New products account for 40 percent of our sales.

(新製品が当社の売上高の40%を占めている。)

〈ジーニアス英和辞典より〉



「外国人観光客」は、foreign tourists でもいいですね。

nearly …ほぼ、ほとんど、もう少しで(= almost)


-------------------------------------------------
前回の「練習問題」の解答例です。

「減量したいので、肉の量を減らすようにします。」

解答例

I'll try to eat less meat because I want to lose weight.


それではまた、次回に!
posted by Mako at 13:48 | Comment(0) | 1行ライティングレッスン

「〜を減らす」

こんにちは!

勢いに乗って(?)、昨日に続き、今日も更新します(^^)



今日の1行英作文です。



「医者は彼に、塩分を減らすように言いました。」


(※ヒント:前回の課題「〜が増えている」の内容を参考に、考えてみてください。)


英語で書いてみてくださいね。







The doctor told him to eat less salt.



前回、「〜が増える」を、More 〜 (より多くの〜が…)を使って

表現しました。


同じように、「塩分を減らす」を、less 〜を用い、

eat less salt 「より少ない塩分を食べる(摂る)」と表現できます。

もちろん、「摂取する塩分の量を減らす」として、


The doctor told him to reduce the amount of salt he eats.


としてもOKですが、less を使った方が、スッキリした英文になりますね。

このように、more 〜、less 〜を上手に使えると、簡単に英文が作れますので、

ぜひ、意識して使ってみてください。




ではここで練習問題です。次の日本語を英語で書いてみましょう!

「減量したいので、肉の量を減らすようにします。」




今回は、less 〜を使って、挑戦してみてください。

解答例は次回に掲載します。

それでは、また次回に!

posted by Mako at 14:26 | Comment(0) | 1行ライティングレッスン

「〜が増えている」

お久しぶりです!
夏の間、更新できずすみません。
10月に入りましたが、まだ暑いです(個人的に)。

「食欲の秋」のはずなのに、あまり食欲ないです(・_・;)


それでは今日もがんばりましょう!


今日の1行英作文です。



「日本を訪れる中国人が増えています。」




英語で書いてみてくださいね。






More Chinese are visiting Japan.


「〜が増えている」というとき、

「〜の数が増えている」=The number of 〜 is increasing.

のようにしても良いですが、英訳例はとてもシンプルです。

More 〜 で、「より多くの〜が…」→「〜が増えている」。

これを使えば、簡単に「〜が増えている」と表現できますね。

ex1) More employers are hiring part-time workers.

(パートタイム労働者を採用する雇用主が増えています。)


ex2) More supermarkets are installing self checkout machines.

(セルフレジを導入するスーパーマーケットが増えています。)


ちなみに、more and more 〜 とすると、

「どんどん増えている」ということが伝わります。

今日の課題文も、

More and more Chinese are visiting Japan.

(日本を訪れる中国人がどんどん増えています。)

としてもいいすね。

それではまた次回に!



posted by Mako at 12:33 | Comment(0) | 日記

「働き続ける」

雨が続きますね。。。
梅雨だから仕方ないですが。



今日の1行英作文です。


「もし自分の仕事が好きでなければ、長く働き続けることはできないでしょう。」







英語で書いてみてくださいね。






"If I don't like my job, I wouldn't be able to stick with it for a long time."







ここでは、自分の意見を話している設定で訳したので、主語が I になっていますが、

一般論で話すなら、you になりますね。

後半の「ずっと働き続けることはできないでしょう。」の述部は、would を使って

いますが、will を使って、I won't be able to...としてもかまいません。will の方が

確信が強く、would は「〜かも?」と言ったニュアンスが強くなる傾向があるようです。

「働き続ける」は、keep working とすると、ちょっと不自然です。

ここでは、「やめないで続ける、がんばる」という意味の、stick with がしっくりきます。

他には、persevere with, continue with などでもよいでしょう。


では、また次回に!
posted by Mako at 22:57 | Comment(0) | 1行ライティングレッスン

「洗濯物はもう乾いていると思ったのに…」

今日は全国的に荒天になるらしいですね。
こちら大阪も風がとても強いです。

外出時はお気を付けください。

-------------------------------------------------------------
今日の1行英作文です。


「洗濯物はもう乾いていると思ったのに、いくつかの衣類はまだ濡れていた。」







英語で書いてみてくださいね。






"I presumed that the laundry was already dry,but some clothes still felt wet."







「洗濯物」…the laundry (たくさんあっても不可算名詞なので複数にはなりません。)


日本語で「思う」と訳せる英語はたくさんありますね。

think, believe, suppose, guess, assume, presume...など。

今回は、presume を使いました。

presume は、「(反証がないので)〜だと考える」といった意味を含んでいるのに対し、

think は、単に「思う、考える」という一般的な意味でよく使われます。

今回の場合は、どちらでも構いません。


「濡れていた」は、were still wet としてもよいです。


では、また次回に!
posted by Mako at 10:00 | Comment(0) | 1行ライティングレッスン